体臭check_green01が気になるなら柿渋石鹸が良い

55

ちゃんと毎日お風呂で洗っているのに体臭が気になる・・・」という方も多いかもしれません。

特に年齢を重ねると、体臭が生じてしまいやすい体質へと変わっていきますから、そうしたことが気になってくる方が増えてくるとされています。

そんな体臭が気になる方にオススメなのが、最近注目を集めている「柿渋石鹸(かきしぶせっけん)」です。

柿渋石鹸とは、その名の通り柿を原料としており、柿に含まれる消臭成分「柿タンニン」を主成分として作られている石鹸です。
そんな魅力的な柿渋石鹸について以下で詳しくみていきましょう。


point1なぜニオイが消えるの?

なぜ、柿渋石鹸に消臭効果があるのか?
それは柿タンニンに含まれるポリフェノール類はニオイの原因となる成分を包み込み隔離してしまうだけでなく、その成分と結合することでニオイ自体を消してしまうためです。

さらに柿タンニンには、抗菌効果も含まれています。
現在のニオイを消すだけでなく、ニオイの発生を食い止める効果も期待できます。


point2美容にも良い

柿渋石鹸の特徴は、単純にニオイを消すだけではなく美容効果も大いに期待できるという点にあります。

これは、柿渋石鹸に含まれる豊富な保湿成分のおかげです。
柿渋石鹸を継続的に使用すればシワやカサカサも改善することができるのです。

ですから、体臭が一般的に強いとされる男性だけでなく、女性にもオススメの石鹸と言えます。
もちろん、身体だけでなく顔に洗顔に使用することもできますので、1度試してみてはいかがでしょうか。

li610_02

check_green01暑い時期に気になる自分の体の臭いが消える

52

kaki

半袖になる暑い時期になると、自分の体臭が気になります。

汗で蒸れるとすごく臭いが気になり、特に脇はすごく臭いです。
自分でもすごく臭うので人が臭ってもおかしくないと思いました。

そこで我が家でも、渋柿石鹸を購入してみることに・・・。

主人も体臭が気になるといい、「濃い渋柿石鹸」を購入してみました。
濃いとネーミングに書いてあるのでさぞ効くのだろうといった理由です。

渋柿石鹸で加齢臭対策をするのは流行っているみたいです。
加齢臭対策と言えば渋柿石鹸とよく聞くようになりました。

濃い渋柿石鹸を早速使ってみると、あわ立ちは良く、きめ細かい感じです。
今までボディソープなどを使っていて途中で足したりしていましたが、この石鹸は最後まで泡立ちが良く、途中で足したりすることがありませんでした。

洗った感じはすごく気持ちよくて爽快感がありました。
洗った後の香りもすごくいい香りがして、気持ちいいです。
でも、洗った後はしっかり保湿をしないと突っ張った感じがあるので、乾燥しやすい感じがします。

敏感肌や乾燥肌の人には「保湿を十分にしていれば問題ないかな」といった感じでした。

使い続けると、暑い時期に蒸れて臭いにおいがするということはなくなってきました。

体臭は自分にも不快感があったので、人にも不快感を与えてしまっているんだろうと思っていましたがこれなら安心だなと思いました。
洗った後のほのかに香るヒノキの香りも大好きです。

li610_02

check_green01加齢臭には本当に効果あります

50

kaki2

我が家では初め、11歳年上の旦那のために購入しました。
よくあるマクラが臭くなってきて、旦那の脱いだ服もなんとも言えないモワ〜っとした薄臭〜い感じになってきました。

洗濯洗剤を変えたり、柔軟剤を変えたりしたのですが、どうも臭いがとりきれずどんどん増していったのでネットの口コミを元に購入しました。

あんまり高いと続けられないので1600円の「濃い柿渋石鹸」をお試し購入。
はじめは分からなかったのですが、だんだんシーツや服が臭くなくなってきました。

夏は汗を大量にかくのでにおいますが、冬はかなり臭わなくなりました。
ワキもワキガ程ではないのですが…だったのが、滅多にそこまで臭いません。

私も毎日ではなく、2日に1回ぐらいのペースで使っています。
脂っぽいペタペタ感は確かにすっきりとれるように感じます。

背中やデコルテにニキビができやすかったのですが、柿渋石鹸で洗うようになってなぜほとんどでなくなりました。
下着が擦れるたびに痛い思いをしていたので、ニキビがなくなって本当にうれしいです。

私の場合はデリケートゾーンが悩みなのですが、こちらには今一つという様子です。
血のにおいは得意の臭いの種類ではないみたいですね。

柿渋石鹸を買うに当たってはどんなにおいに悩んでいるかをはっきりさせるといいと思います。
加齢臭には本当にいいと感じます。

加齢臭は家中の布製品に移ってしまうと臭いに慣れてしまって、ますます気づけなくなってしまいます。
「あれ?」と思ったら、ちょっと使ってみるのもアリだと思います。

li610_02

サブコンテンツ

このページの先頭へ